便利な印鑑

イメージ画像

会社を設立するには、会社代表印、会社銀行印、会社角印の3本が最低限、必要となります。
特に、会社代表印に関しては法務局への登録が必要となりますので、はんこをオーダーする際には、しっかりと納期を確認するようにしましょう。

上記の3本に関しては、もちろん手彫りとなりますので、注意が必要です。
会社銀行印及び会社角印に関しては、銀行口座の開設、各契約書類への捺印等に使用しますので、どちらかというと実作業が始まってからの使用となります。
いずれにしても、この3本に関しては、会社印3本セット等の名称ではんこ屋さんにて、販売していますので、問い合わせみて下さい。

印鑑の材質としては、低価格と使用性の良さから柘植が人気となります。
上記の3本に関しては、絶対に会社にて使用する印鑑となる訳ですが、その他にあったらかなり便利な印鑑があります。
ちなみに私は、会社印3本セットを購入する際に、合わせて、その印鑑を20本の大量発注をしました。
現在もかなり活躍しています。
なんの印鑑かといいますと、会社名の印字のシャチハタです。

使用用途としては、契約書まではいかないまでの担当者ベースで判断できる書類やISO向けの自社の品質証明の捺印等です。
これらの書類の多くは、確認印の欄がとても多かったり、実際の現場で製品を確認しながら、捺印するといった事がありますので、シャチハタにする事で効率は上がっています。
また、この印鑑はみんなで共有しており、評判も上々です。

防犯性の高い印鑑
http://www.icysplash.com/

このページの先頭へ